top of page
  • 執筆者の写真安楽雅志

空洞の湯の塗装 in 大江戸温泉浦安万華郷

昭和レトロな絵を描く安楽です。

最近、ペンキ(水性塗料)を使って絵を描くことが多いせいかひげにペンキがついて剛毛風になりました。



さて

トリックアートや謎解き用品などを企画販売されるハンズプロさんのご依頼で大江戸温泉浦安万華郷にある空洞の湯のリニューアル塗装をさせていただきました。



前回はかき氷


実は季節によって過去あれこれ描かせていただいています。


いちごの湯

マスクメロンの湯


カボチャの湯


今回は10月を見据えてハロウィンになります。


白く塗っていく図

ハンズプロ渡辺さん、雨宮さんの助力を得て、まずは塗ってあったとこを白くしていきます。

今回塗る色が「オレンジ」方向なので、白く塗っておかないと色がきれいに出ません。


オレンジ色を塗っていく図

続いて白くなってきてるところからオレンジで塗っていきます。

一度塗っても色むらが残るので2〜3回塗り重ねます。


オレンジ色が塗れたら窓を描いたりカボチャの隙間を演出したり細かな造作に入ります。


ジャックオーランタンやクロネコがコンニチハ

今回のカボチャはいくつか穴が窓のように空いていて、猫や蜘蛛の巣、お化けが顔をのぞかせています。


ハッピーハロウィンの湯完成

上にはヘタが!

そしてにぎやかに「HAPPY HALLOWEEN」と描いて完成。


パチパチ


その一時間後、雨が降り出しました。

無事乾いていてホッ


お手伝いいただいたハンズプロ渡辺さん、雨宮さんありがとうございました!


皆さんも大江戸温泉浦安万華郷へぜひ


塗装も自由に塗りこなす

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page